地元の自転車愛好家とサイクリングツアーを実施する2日間

サイクルツーリズムの強みを生かして、十勝の魅力を発信。
北海道内外のサイクリストがこのイベントを通じて交流し、十勝の素晴らしい雄大な景色や豊かな食文化を楽しむ時間を共有することを目的とします。

コンセプト

北海道とかちサイクルフェスタ7つの役割

自転車愛好家地元

地元愛好家が企画

地元愛好家で作り上げるサイクルイベントです。募集型ではありません。

十勝内外への発信

十勝内外への発信

十勝内外に向けてライフスタイル、コトつくり、ブランドをサイクリングを通じて発信します。

たくさんの人が参加する

たくさんの人が参加

地元愛好家、サイクリングクラブ、団体、企業、自治体、インフラなどを巻き込んだ価値の共有の場としてサイクリングツアーを実施します。

十勝のブランディング

十勝のブランディング

サイクリングを通じた十勝のブランド化を行います。DMO、地域商社との連携作り、ミッション共有、相互支援のネットワーク作りを目指します。

ニセコとの連携

ニセコとの連携

スポーツツーリズム、インバウンドとして共有できるとかち圏外であるニセコ地域のB to Bの関係作りを演出します。

空港との事業共有

空港との事業共有

十勝帯広空港の繋がりを活かし、日本空港ビルディング、航空会社との事業共有の接点を演出します。

自転車条例の策定

自転車条例策定の推進

北海道サイクルツーリズム推進協会との繋がりを活かし、北海道自転車条例、自転車活用法を推進する行政窓口との連携事業を演出(国土交通省、北海道庁)します。

 
 

既存の事業との連携で、十勝の魅力発信を加速させます。

サイクルツーリズムで価値の再認識と、既存の事業との連携を促進。

コンセプト